浮気の兆候

「最近、どうもおかしい?ひょっとして浮気?」
そんな女の直感が働くこともあります。
それはこんな行動パターンを急に夫が始めたからではないですか?


初期の浮気の兆候|ありがちな5つの典型的行動パターン

元来、男ってすごく単純なものです。
平気で嘘をつきとおせる女性に比べて男はすぐに態度や行動に出てしまうものなのです。
そう、私のように・・・・(汗)

急にお洒落に気を使いだした

今まで着るものになんてなにも関心がなかった夫
会社に着ていくスーツ以外はほとんどユニクロで嫁が買ってきたものを仕方なく着る?という感じだった。
それが急に
『これからは俺が自分で着る服は買いに行くから…?』
と言い出して買ってきた洋服はというと

普段、嫁が自分の洋服を買ってきたらその値段にブツブツいつも小言を言っていたのに
夫が自分で買ってきた洋服の値段は数万円もする?

ちょっと問い詰めると
『お前も旦那がかっこいい方がいいだろ!?』
なんて言い訳を簡単に信じるわけにはいかないですよね。

ガラケーからスマホへ、携帯電話にロックをかけ暗証番号を教えない

今まであれほど
『スマホなんて小難しくていらん!携帯はつながればそれでいい!」
と豪語していた夫がそそくさと携帯ショップへ行ってガラケーからスマホに乗り換え契約をしてきた。
しかも家では常にそスマホは裏向きに置いている。

徐々にスマホの使い方を覚えてきた夫は
・お風呂に行くのもスマホを持っていく
・トイレに行くのもスマホを持っていく(異常に長いトイレタイム)
常にスマホの携帯電話を持ち歩くようになった。

しかもきちんとロック画面を設定し暗証番号は教えてくれない。

深夜まで残業する日が増えた。喜んで休日出勤する

あれほど愚痴っていた会社での残業
「いやぁ、うちの会社も最近忙しくって・・・」
「急に辞めた同僚の穴埋めでこっちも大変だよ!」
と言うその表情は妙に嬉しそう。

「ちょっと会社に行ってくる!」
と休日にお洒落をして休日出勤する日が増えてきた。

妙に態度がよそよそしい、態度が冷たい

なにか話しかけても上の空
「あ???うん???」
と妙に心ここにあらずのよそよそしさ。

もちろん夜のお相手もあまりしてくれなくなった。
新婚当時はあれほど毎晩のように燃え上がった夜がまるで嘘のように・・・。


給与明細を見せない、お金の管理は自分でしたがる

最近は会社からの給与明細を見せてくれなくなった。
「給与明細?ああ、会社に忘れてきた」
「ちょっと出張でお金が足りないんだ。」といって家のお金を持ち出す夫
会社で経費の精算はされているはずなのに返してはくれない。


浮気の兆候を見逃すな!初期の浮気なら夫婦関係は修復可能

いかがですか?
こんな浮気の兆候の行動パターンってどこの家にもあるはずではないでしょうか?

えてして女の直感はよく当たる事も多いはず。
ただそれが浮気と呼べるものなのかどうか?
はケースバイケースです。

正直、
若い女の子と食事をしたい?
異性と二人で飲みに行きたい?
というのは世の中年男性なら誰にでもある願望です。
それを浮気と問い詰められたら少々窮屈な結婚生活かもしれません。
しかし、いつ何時 一線を越えてしまう浮気リスクも大きくあります。

最近ではバツ1女性の積極的なアプローチもよく私の同僚や友人からもよく聞きます(怖い)
事実、そんな肉体関係を結んだばっかりに脅迫された友人もいました。
「えもっちゃん、美人局(つつもたせ)には気いつけやぁ!」
と真顔で助言してくれてもいました。(体験者は語る)

まあ、そこまでに行くにはそれなりの過程やステップが必要です。
そんな浮気の初期兆候を見逃さず、キチンと妻のあなたが防御線を張っていればそれほど大事にまではいかないかもしれません。


「勘違い」「早とちり」も多いが「浮気してるかも?」というモヤモヤを解消するには?

浮気の兆候を勘違いや早とちりも世の奥さま方もしがちです。
しかし、
『どうも怪しい?ひょっとしてうちの旦那 浮気してるかも?』
とモヤモヤとした解消することはかんたんではありません。

「パパ、まさか浮気なんてしてないわよね?」と問い詰めても
「なにをバカなこと言ってるんだ!」と夫に一蹴されるだけです。
それどころか尻尾をつかまれそうになった夫は今後 より慎重に用心深くなるかもしれません。

重大な決断!浮気を許すか?許さないか?(離婚)

浮気一つでも奥様の考え方はいろいろあります。
「男なら浮気のひとつもできる甲斐性があってこそ」という豪快な奥様もいれば
「浮気なんて絶対許せない!もし浮気なら絶対離婚します!」というきつい奥様もいます。

「夫に浮気の事実を責めて浮気をやめさせることで十分!」なら自分で浮気調査をすることもよいでしょう。

しかし、浮気なら離婚する!という方ならこの段階から決定的な証拠をとっておくために浮気調査を探偵に依頼することも視野に入れておいた方がよいかもしれません。
なぜなら、一度尻尾を掴みかけられた浮気夫は二度と尻尾は出さぬよう用心深くなるからです。
そうなるといくら浮気調査のプロの探偵でも「決定的証拠」を得るまでには時間も労力もかかり、ついては浮気調査料金もどんどん増えていってしまいます。

本気で【離婚】を考えているなら浮気調査はプロの探偵に任せたほうが良い

浮気調査探偵

素人の「生兵法は大怪我のもと」と言われるように下手に動いたばっかりに後で離婚の話になった時にとても困ることが少なくありません。
浮気調査していることが少しでもバレてしまえば相手は
「より慎重に!」
「より用心深く!」
なにより
「証拠隠滅」
「財産隠し」
に走ってしまうからです。
下手に夫婦喧嘩をして家を飛び出し「別居」という状態では相手の動きもわからなくなります。
浮気の証拠はきちんとした方法・手法で集めないと離婚調停や離婚裁判の時に証拠として採用されないことも少なくないからです。
参考:浮気調査を探偵に依頼する時の費用と選び方!浮気の決定的証拠を入手