知り合いの会社に空いている倉庫を貸すことになりましたが、なにか気をつけておくことはありますか?

私の会社は最近の不況で規模縮小になってきています。
そこで、空いている倉庫を知り合いの会社が「空いている倉庫を貸して欲しい!」といってきています。

しかし、私は賃貸大家業などもしたこともなく契約書の作り方さえも知りません。

なにか気をつけておくことはありませんか?
よろしくお願いいたします。


笑顔の江本

手数料をケチらずに、不動産業者に相談してみてはいかがでしょうか?

少々費用はかかりますが、不動産屋に相談して、貸す会社にきちんとして説明書(重要事項説明書)や契約書を作ることをお勧めします

賃貸契約書
不動産屋に契約書や重要事項説明書の作成を依頼してみてはいかがでしょうか?
確かに費用はかかるのですが、不動産屋も直接借主を探すわけでもないので手数料も減額してくれると思います。

笑顔の江本

もし、なんでしたら私がお手伝いいたしますよ・・(笑)



不動産(工場・倉庫)を貸す労力よりトラブル苦情処理や契約違反による退去させるほうが何倍も大変なんです

お知り合いだけになにかときついことはいい難いものです。
そこでワンクッション不動産屋を間に入れるだけでかなりその後の不安が少なくなります。
※必ずしもゼロになるとはいえませんが・・・

たとえば、もし借主の思っていたこととその貸し倉庫の現状が違ったらどうします?

電力・電圧の問題
床の対加重の限界
改造・改修の問題
用途地域の問題(都市計画でできる業種が制限されていることもあります)
消費税率の変動に誰がその負担をする?
火災保険・賃貸保証料の問題
家賃滞納の問題(だれが連帯保証人になる?)

その他、いろいろ契約に先立ち調べておくことや、借主にきちんと伝えそのことを借主が理解したことを署名捺印して将来問題トラブルが起こった時に証明しなければいけません。

なぁなぁな賃貸契約ほど怖いものはないですからね・・・・

今後も良好な関係をそのお知り合いの会社と維持していく意味でも、不動産業者にそのあたりの業務を依頼してはいかがでしょうか?