790480df8ff7648f752ddc2be354cb51_s

今度、賃貸貸し工場を借りるのですが電圧が低いので低圧電力の工事が必要です。

icon-q今回、新たに賃貸貸し工場を借りる予定です。
めぼしい賃貸物件が見つかったのですが電力が低いです。
三相200Vが必要ですの、低圧電力の工事を家主大家さん側にお願いしようと思っています。
必要容量は(1KW程度)です。

こんな場合、低圧電力工事の費用は借りるテナント側?家主大家さん側?のどちらが負担するものなのでしょうか?
借りる側のテナント負担としても一部でも大家さん側にお願いできないものなのでしょうか?
※もし将来私が退去した後でも次のテナントが有効利用できますからね?
また、もし借りる側の負担であればいくらくらいの費用が必要なのでしょうか?

使用するのはファンとポンプで、あわせて1kwちょっとです。

分電盤までの一次工事はオーナー家主大家さん側の負担、そこから先の必要配線等は借りる側の負担が多いのではないしょうか?

icon-a分電盤までの一次工事はオアーなー・家主・大家さんの負担となり、それから先の必要配線は借主負担が多いのではないでしょうか?
ですから其れより先の必要配線及び盤コンセット類は借主側の費用負担になると思います。
ただ、このあたりはすぎくファジーなところでしてケースバイケースのことが多く
借りる側の賃借人と貸す側のオーナー・家主・大家さんとの話し合いで決まります。
家主側としても次の「テナントに必ず必要なものか?」「もしそれが壊れた場合や元に戻す場合の費用負担は誰が?」ということもありますからね。

このあたりは電力会社(関西電力など)への申請も必要ですから、電気工事店との打ち合わせも必要ですね。