売買契約

今回、中古マンション購入のために売買契約をするのですが、その説明で取引態様:媒介(専属専任媒介)と書いてありました

中古マンション購入のために売買契約がメールできました。
そこに
取引態様:媒介(専属専任媒介)
と記載されていましたがこれがどういう意味ですか?
また仲介手数料は3%+6万円は必要ですか?

中古マンション相談室仲介手数料3%+6万円はかかりますか?

中古マンション売買契約における取引態様は「売主」「代理」「媒介」の3種類があります。

不動産売買契約での取引態様には「売主」「代理」「媒介」の3種類があります。

取引態様が「売主」

これはその物件の売主が自ら売買する契約です。

取引態様が「代理」

売主の「代理」として行う売買契約です。

取引態様が「媒介」

「媒介」とは売買取引の相手方を探し、無事に契約完了できるまで活動することを不動産業者に依頼したということです。
まあ、言い換えると「仲介」と同義語とも言えるかもしれませんね。

普通一般的に中古マンションでは、自らが買主・売主となって取引相手を探すことはできません。
※自分自身が不動産業者で無い限り

そこで不動産屋にそれを依頼するのですがその依頼を媒介と言い、これには3種類あります。

「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」です。

「一般媒介」は複数の不動産会社に依頼するこどができるものですし、自ら直接取引相手を探すこともできます。

「専任媒介」は1社のみの不動産会社に独占的に依頼するものであり、自ら直接取引相手を探すことができます。

「専属専任媒介」は1社のみの不動産会社に独占的に依頼するものであり、自ら直接取引相手を探すことはできません。

媒介契約によって不動産屋も経費のかけ方が変わります。

主に、問題となるのが売却の場合ですよね。
やはり我々不動産屋もビジネスです。

とんびにアブラゲのリスクの高い「一般媒介」よりも「専任」「専属」が嬉しいものです。
※依頼される金額によっては「専任」より「一般」にしてもらうこともありましが・・・

やはり広告活動にはコストがかかりますし、それにはある程度一定の限られた予算があります。
その広告活動にコストをかけるにはおのずから一般媒介物件よりも専任媒介物件を優先させてしまうのは仕方ありません。

また、仲介手数料を値切るお客さまの物件は、我々不動産屋としては敬遠します。

確かに宅建業法の3%+6万円は上限価格です。
ですから「これ以上はもらってはいけませんよ」という意味なので値段を下げるのは可能ですが
われわれ不動産屋もこの3%+6万円を基準にビジネスモデルが成り立っているのでここをケチる売主さんの物件はさわりたくは無いのが本音です。
まとまるかどうかわからないのに骨折り損のくたびれ儲けにはしたくないのですからね。

もちろん、最終取引間近の仲介手数料の値引きは反則ですよ!

でも、これが意外と多いんで困りますが・・・・・。

だからわれ哀れ不動産業者は契約前に支払い約定書なるものをまきます。

不動産業界はセンミツ(千三つ)の低い確率の世界なんです

「あんたらエエなぁ・・・口だけきいてそんな大金が得られて・・・」
なんて陰口を叩かれますが、一つの契約に対して多くの未成約の案件ばかりなんです。

不動産屋ってそんなに儲かる商売じゃないんですよ・・・(涙)



今回も最後までご覧いただき有難うございました。
あなたの中古マンション売却・購入がどうかうまくいきますようにお祈りしています。
他のブログも参考にして見てください。きっと何か参考にあることもあるかも?

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ
にほんブログ村

マンション ブログランキングへ
【中古マンション購入売却お考えの方へ】 中古マンション購入売却をお考えの方へ ■中古マンション購入をお考えの方へ
広告不可の物件や広告に出る前に成約してしまう物件もたくさんあることをご存知ですか? あなたのご希望の予算やエリア こだわり条件などを是非わたしに教えていただけませんか? 希望条件に近い売り物件用情報を他のお客様より最優先でお知らせいたします。
■中古マンション売却をお考えの方へ
弊社にはそのマンション限定の購入希望のお客様も多数ご登録いただいております。
迅速・スピーディーな売却実現のお手伝いもできます。
「あれっ?◎◎さん、いつのまにかお引越し?」みたいな秘密裡の売却も可能かもしれません

prof 『中古マンションの購入・売却をお考えなら、
 ぜひお気軽にご相談してみて下さいね。
 冷やかし大歓迎ですよ!
 だってマイホームの購入売却って
 わからないことばかりですもんね。』 contact