どうしてもいろいろな物件を見て回っていると、しだいに欲が出てきて当初のマイホームの予算オーバーというケースもよくあります。
そこで、マイホームを諦めるか?それとももう少し奮発してワングレードアップの素敵なマイホームの快適な生活を手に入れるか?
究極の選択を迫られます。

かじれる親のスネはかじれ?マイホーム資金援助を親に相談するにはどぷすればいい

マイホーム購入資金の援助を親に頼む

マイホームを探すお手伝いをしていて、希望条件に近い物件をご紹介して内覧案内をすると自分達のイメージどおりの物件が見つかることもあります。
しかし、割引値段交渉の難しさ
住宅ローンの限界額
諸経費
などさまざまなことをご説明すると、がっかりされてしまうこともあります。

そんな時

笑顔の江本

そこまでこの物件を気に入られたのですから、親御さんに足りない資金を助けてもらうことはできませんか?


とお願いすることもよくあります。

そこで、親御さんに足りないマイホーム購入資金の援助をお願いする時の切り出し方のお話もしておきますね。

子供には厳しい親でも孫には弱い?
まずはなぜマイホームが欲しいのか?
その理由を親に説明してみよう

「ちょっと欲しい中古マンションが見つかったんだけどお金が足りなくて・・・
 ちょっと援助してもらえないかな?母さんから父さんにお願いしてももらえない?」

そんなお願いの仕方だとなかなか親御さんも首を縦には振らないものです。

「今 夜泣きの声で近隣の部屋から苦情が出てて、困ってるんだ」
「こんなに離れた小学校に通わせるのはちょっとかわいそうで、
 もう少し学校の近所に引っ越そうかなと思ってるんだ」
などなど孫をダシに使うのは反則でしょうかね?
子供にはあれほど厳しい親であっても孫にはデレデレ?というおじいちゃんやおばあちゃんは多いものです。

もちろん、お父さんお母さんにもメリットがあるようにしてあげるのもいいかもしれません。
「このマンションだと父さん母さんのところにも近くなるから、これからもっと顔を出せると思うよ!」
なんてね・・?

マイホーム資金を孫のために援助する親

マイホーム購入資金不足分は多めに頼んでみる

サバを読む?というと聞こえは悪いですが、えてして満額回答は難しいものです。

300万円不足していたら、少し多めに
「あと500万円くらいい足りないんだけど・・・・」
とお願いしてみるものいいと思いますよ。

もらう?のではなく借りる?

今は銀行に預けていても金利なんてつきません。
しかし、借りると金利はついてきます。

ですから、金利分だけでも助けてもらうという意味で親から借りるのもよいと思います。
ただ、商売をしていたり、あまりに分不相応なマイホームを購入するためだったりすると税務署から目をつけられる可能性もありますからきちんと金銭消費貸借契約書(借用書)も作成しておいてくださいね。
また返済の実績を証明するために手渡しではなく振込みにしておくのも賢明です。

ただ、相続の時にトラブルになることもよくあるのがこのマイホーム資金援助です。

前記の通り、きちんと借用書を作るなり、他の兄弟姉妹に話しておくことをお勧めします。
私は相続の仕事もしているのですが、このマイホーム資金援助のことが原因でよく遺産相続トラブルに発展するのです。

実際には数百万円程度の親からのマイホーム資金援助が、他の兄弟姉妹たちからは
「親にマイホームを買ってもらった?」
「数千万円もの親のお金が流れた?」
なんて話に尾ひれがつくものなのです。

高齢の親の財産管理を誰かに任せている方の相続トラブル



今回も最後までご覧いただき有難うございました。
あなたの中古マンション売却・購入がどうかうまくいきますようにお祈りしています。
他のブログも参考にして見てください。きっと何か参考にあることもあるかも?

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ
にほんブログ村

マンション ブログランキングへ
【中古マンション購入売却お考えの方へ】 中古マンション購入売却をお考えの方へ ■中古マンション購入をお考えの方へ
広告不可の物件や広告に出る前に成約してしまう物件もたくさんあることをご存知ですか? あなたのご希望の予算やエリア こだわり条件などを是非わたしに教えていただけませんか? 希望条件に近い売り物件用情報を他のお客様より最優先でお知らせいたします。
■中古マンション売却をお考えの方へ
弊社にはそのマンション限定の購入希望のお客様も多数ご登録いただいております。
迅速・スピーディーな売却実現のお手伝いもできます。
「あれっ?◎◎さん、いつのまにかお引越し?」みたいな秘密裡の売却も可能かもしれません

prof 『中古マンションの購入・売却をお考えなら、
 ぜひお気軽にご相談してみて下さいね。
 冷やかし大歓迎ですよ!
 だってマイホームの購入売却って
 わからないことばかりですもんね。』 contact