離婚するならマンションは売りなさい
離婚を考えている夫婦がもしマイホームであるマンションを所有していたら離婚後どうなるのでしょうか?

「妻がそのマンションから出て行き、元夫が住み続ける?」
「夫がそのマンションから出て行き、別れた後も元妻やその子供たちが住み続ける?」

という選択肢になりがちですが、これは将来大きな問題トラブルを引き起こす可能性が高いのです。

別れる妻の立場から

離婚を機に、
「夫が出て行き今のマンションに元妻と子供たちが住み続ける」
「妻が出て行き、今のマンションに元夫が住み続ける」
という選択をしても、その先ずっと不安を抱えていかないといけないのです。

専業主婦のあなたでも夫の住宅ローンの『連帯保証人』『連帯債務者』になっていませんか?

人間の記憶ってかなりあやふやです。ましてマイホーム購入を切り出したのは妻のあなたのほうだっかもしれませんね。(汗)
しかし、銀行で住宅ローンを組無二際して意外と多くの場合、
その配偶者である妻が連帯保証人になっていることがあるのです。
「私って収入ゼロの専業主婦なのに?」なんて思っているかもしれませんがよ~く思い出してみて下さいね。
今のマイホームを購入する時にあなたも印鑑証明書を提出しませんでしたか?
住宅ローン申し込み書にあなたも署名捺印しませんでしたか?
意外とマイホーム購入後の夢と希望に頭が一杯でその時のことを覚えていない方が多いのです。
銀行としては債務者である夫が突然亡くなったりでもしたらその相続手続きが完了するまで誰に話をつければいいのでしょうか?
その空白期間は銀行は認めるわけにはいけません。なので、法定相続人である妻を連帯保証人に要求してくるのです。

また少々無理をして購入したマイホームの住宅ローンで妻のあなたも収入があるのなら収入合算してより多くの金額の住宅ローンを組んでいるかもしれません。(たとえパート社員であっても)
そんな場合、連帯債務者として住宅ローンを組んでいるかもしれません。

連帯保証人・連帯債務者の「連帯」という意味

まあ言葉通りに帯でぐるぐる巻きにした一蓮托生という意味合いが強いです。
もし主たる債務者(夫)が住宅ローン返済を滞納でもしたらすぐに妻である(元妻だった?)あなたに督促請求が来ます。

「もう私たちはとっくに離婚しているので関係ありません!」
というのは法律上は屁理屈で通用しません。
これが「連帯」という意味です。

原則、「連帯保証人」「連帯債務者」を外すのは現実的には難しい

いったん住宅ローンで連帯保証人や連帯債務者になった場合、それを外すのは難しいと思います。
まして、住宅ローンは最長35年の長期間です。その間に元夫がどうなることか?は誰にもわかりません。
まして、あなたが三行半を突きつけたダメ夫なのですから将来なんらかの問題を起こす可能性は高いといったら叱られますかね?
離婚後の夫は、
「今の住宅ローン返済」
「子供たちへの養育費」
「元妻のあなたへの慰謝料」

もちろん
「夫自身の生活費」
などでかなり経済的には苦しい状態が長く続きますから住宅ローン滞納の可能性は普通の家庭よりもかなり高いと思います。

今の子供たちのことや自分の仕事などを考えて、住宅ローンを肩代わりしても自分のものにはなりません。

登記名義人は夫名義人であれば、そのマンションは夫のものです。いくら督促が来た住宅ローンをあなたが肩代わりしてもそれは元夫の弁済を肩代わりしただけですから将来あなたが売却の当事者である売主にはなれません。
「この子が成人して独立するまでは!」と何十年も元夫の住宅ローンをずっと返済し続けた元妻の方から売却の相談もありましたが、不動産屋の私からすれば「元夫の旦那さんがこのマンション売却話のテーブルに出てこない限り、売却はできませんよ・・」と冷たく回答せざるおえないのです。
「今はどこでなにをしているのかもわからないのに?」と嘆いていられたのには心が痛みましたが、致し方ありません。

数十年先に突然「このマンションから出て行ってくれ!」と言われるリスクを抱えて暮らしていかないといけません。

賃貸借契約なら借家権はきちんと保護されているかとは思いますが、この離婚後にそのまま元夫名義のマンションに住み続けている場合は不安が残ります。
元夫の都合で突然「このマンションから出て行ってくれ!」といわれた時、あなたならどうしますか?

別れる夫の立場から

まだまだ色恋沙汰は現役ではないですか?
もちろん今は熟年でも恋愛は永久に不滅です。
「もう二度と結婚なんてするもんか!」と心に決めたあなたであっても突然恋に落ちることもあるのです。

離婚後もし新たに再婚することになり、新しい再婚相手がマイホームが欲しいと言い出したらどうします?

住宅ローンは原則1人にひとつしか組めません。
もちろんセカンドハウスローンというものもあるっちゃあるのですが、よほど経済的に収入が無いと難しいです。

元妻や子供たちは優雅に分譲マンション暮らし
それを分譲マンションに比べて設備の劣る賃貸マンション暮らし嫌気が差している新しい妻からは
「元嫁があんなに綺麗なマンションに住んでいるのに私たちはどうしてずっと賃貸暮らしなの!」(怒)
とず~~っとネチネチと愚痴を言われ続けることにあなたは耐えられるでしょうか?

相続や介護の時に間違いなくもめます!

仮にも一度は愛した元妻ですし、子供たちに不自由な暮らしはさせたくありません。
だから、多少の無理を続けても元妻や子供たちが暮らすマンションの住宅ローンを歯を食いしばってでも支払い続けることだと思います。

しかし、数十年後の状況はどう予想されますか?
離婚後、まったく交流が無くなってしまっても子供たちとの血縁関係までは断てません。
※つまり何十年も会っていなくても子供たちは法定相続人です。
しかし、元夫のあなたが高齢になった時に誰も介護なんでしてくれませんし、そんな期待などしないほうが良いでしょう。
また新しい再婚相手の妻との間にできた子供も先妻の子供も法定相続割合はまったく同じです。

困る江本

【先妻の子供】VS【後妻との子供】の遺産相続バトルは嫌というほど見てきた私です。

だから、離婚するならマンションは売却したほうが良い!

笑顔の江本

確かに「今売ったら売却損が出る?」とためらう気持ちはわかりますが、
私は『多少の損を覚悟しても離婚するならマンション売却を考えたほうが良い!』と考えています。

離婚は人生の悲劇ではありません!お互いがハッピーなよりよい人生のためのリセットです!

だからマイホームであるマンションも売却してすべてきれいにリセットして再出発をするほうが良いと思うのですが、
離婚を考えているあなたはどう考えますか?



今回も最後までご覧いただき有難うございました。
あなたの中古マンション売却・購入がどうかうまくいきますようにお祈りしています。
他のブログも参考にして見てください。きっと何か参考にあることもあるかも?

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ
にほんブログ村

マンション ブログランキングへ
【中古マンション購入売却お考えの方へ】 中古マンション購入売却をお考えの方へ ■中古マンション購入をお考えの方へ
広告不可の物件や広告に出る前に成約してしまう物件もたくさんあることをご存知ですか? あなたのご希望の予算やエリア こだわり条件などを是非わたしに教えていただけませんか? 希望条件に近い売り物件用情報を他のお客様より最優先でお知らせいたします。
■中古マンション売却をお考えの方へ
弊社にはそのマンション限定の購入希望のお客様も多数ご登録いただいております。
迅速・スピーディーな売却実現のお手伝いもできます。
「あれっ?◎◎さん、いつのまにかお引越し?」みたいな秘密裡の売却も可能かもしれません

prof 『中古マンションの購入・売却をお考えなら、
 ぜひお気軽にご相談してみて下さいね。
 冷やかし大歓迎ですよ!
 だってマイホームの購入売却って
 わからないことばかりですもんね。』 contact